NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

団体概要

HOME > 団体概要

理事長挨拶

特定非営利活動法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク(略称:NPO LSIN)が設立されたのは、2006年3月22日(徳島県認証)であります。その後、一般財団法人三宅研究所セントラルパーククリニック(2008年7月24日)、医療法人喜悦会(現社会医療法人喜悦会(2009年4月26日))、健康保険人吉総合病院(現(独)地域医療機能推進機構人吉医療センター(2012年8月3日))の3施設とそれぞれ連携協定調印を締結しております。

2009年3月11日に内閣府認定のNPO法人へ変更しました。2013年1月4日に主たる事業所を移転(徳島県から香川県)し、香川県認定のNPO法人へ変更しました。

LSINの組織体制は、理事会と倫理委員会が主な組織として機能しており、自然免疫賦活技術研究会とバイオ治療法研究会を運営しております。

LSINの業務は、連携協定施設のご協力により、安全性・効果実証試験の受託を臨床部会が実施しております。逐次、依頼に応じて、講演会活動を実施しております。情報発信として、2007年にニュースレターNo.1(創刊号)を発信し、年4回(6月、9月、12月、3月)発行しております。 新しい会員のご参加をお待ちしております。

上田和男 理事長

2019年12月16日
特定非営利活動法人
環瀬戸内自然免疫ネットワーク
理事長 上田 和男

LSINの組織体制

組織図

LSINの軌跡

マクロファージ

LSINは2006年に、誕生しました。
ですが、LSINには前身「自然免疫賦活技術研究会」が存在しています。2002年度文部科学省/RSP事業の徳島県の技術分野別研究会の一つとして、産官学のメンバーからなる自然免疫賦活技術研究会が発足しました。この事業の終了後も、自主研究会として、存続。
その間、自然免疫賦活技術に関わる基礎および応用研究を進めていました。
そして、研究会が蓄積してきた自然免疫賦活技術をより、広げるために、2006年の3月にNPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワークの設立にいたりました。

PDF設立趣旨書
PDFファイルをご覧ください。

沿革

2006年03月22日
環瀬戸内自然免疫ネットワーク (徳島県認証) 設立
2006年05月01日
ホームページの開設
2006年12月
~2007年2月
地域研究開発技術シーズ育成調査委託事業
-小麦発酵抽出物配合機能性食品の効果に関する実証調査-
2008年07月24日
財団法人三宅医学研究所 セントラルパーククリニックと連携協定調印
2008年11月13日
機能性素材の機能性表示を可能とするための特区申請意見提出
2009年03月11日
内閣府認証のNPO法人へ変更
2009年04月26日
医療法人喜悦会(現:社会医療法人喜悦会)と連携協定調印
2010年03月08日
「自然免疫制御技術研究組合」に組合員として参加。
2012年04月01日
徳島県認証のNPO法人へ変更(新NPO法施行に伴い)
福岡事務所を設置
バイオ治療法研究会の運営開始
2012年08月03日
健康保険人吉総合病院(現(独)地域医療機能推進機構人吉医療センター)と連携協定調印
2013年01月04日
主たる事務所を移転(徳島県から香川県へ)
香川県認証のNPO法人へ変更

連携協定書

LPS

PDF連携協定書
《財団法人三宅医学研究所
セントラルパーククリニック》

PDFファイルをご覧ください。

PDF連携協定書
《社会医療法人喜悦会》

PDFファイルをご覧ください。

PDF連携協定書
《人吉総合病院》

PDFファイルをご覧ください。

  • ひげ博士のおはなし
  • 効果実証試験募集
  • お問い合わせ
ページの先頭へ