NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

研究会

HOME > 研究会

自然免疫賦活技術研究会(2001年発足)

年1回(6月・12月)、香川県高松市にて開催、県内外から毎回約50名の産学官関係者が参加しています(参加費、年会費は無料です。LSINの会員にならなくても参加できます)。
自然免疫の利活用方法は多岐に渡っていることもあり、研究会では、部会で、基礎研究~素材・製品の製造、開発、また製品を使ったユーザーの声について、成果報告や情報交換を行っています。
また、特別講演には、自然免疫の分野だけではなく、多方面で活躍されている大学教員や医師等をお招きし、最新のトピックスについてお話していただいています。

<過去の開催について>

詳細な内容や、研究会の様子(画像)などは、情報発信の「ニュースレター」をご覧ください。

マクロファージ

2019年

●第56回自然免疫賦活技術研究会

【日程・会場】
6月21日(金)・高松センタービル
【特別講演者】
藤田 紘一郎 氏(東京医科歯科大学 名誉教授)
「隠れ病は「腸もれ」(リーキーガット)を疑え」

2018年

●第55回自然免疫賦活技術研究会

【日程・会場】
12月21日(金)・サンポートホール高松
【特別講演者】
久保 幹 氏(立命館大学 生命科学部 教授)
「土壌内細菌による農地・農産物の活性化」

●第54回自然免疫賦活技術研究会

【日程・会場】
6月22日(金)・サンポートホール高松
【特別講演者】
藤田 隆司 氏(立命館大学 薬学部 准教授)
「肌免疫と肌老化」

2017年

●第53回自然免疫賦活技術研究会

【日程・会場】
12月15日(金)・サンポートホール高松
【特別講演者】
北西 剛 氏(きたにし耳鼻咽喉科 院長)
「耳鼻咽喉科開業医からみた医・薬・食の役割」

●第52回自然免疫賦活技術研究会

【日程・会場】
6月16日(金)・高松センタービル
【特別講演者】
橋本 雅仁 氏(鹿児島大学 学術研究院理工域工学系 教授)
「酢酸菌由来リポ多糖と黒酢」

バイオ治療法研究会(1997年発足)

LPS

年1回(12月)、各都道府県にて開催、全国の基礎研究者や臨床医学者など約50名が参加しています。参加のためには、バイオ治療法研究会の会員になる必要があります(年会費・参加費必要)。LSINの会員にならなくても参加できます。
バイオ治療法の分野に興味をもつ方々に討論の場を提供し、ガンや免疫病などの難病に対するバイオ治療法の益々の実用化をはかり、本分野の発展に寄与することを目的としています。

バイオ治療法研究会ホームページ

  • ひげ博士のおはなし
  • 効果実証試験募集
  • お問い合わせ
ページの先頭へ