NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

豆知識

HOME > 豆知識

免疫ビタミンLPSを含んでいる食べもの

みなさんの健康に欠かせない免疫ビタミンLPSは普段食べているこんなものに含まれています。
調理の仕方や食べ方によって、その効果を高めることも半減させることもあります。健康維持に欠かせない免疫ビタミンLPS効果的に摂取できる豆知識をお伝えします。

  • 穀類

    穀類

    米や小麦などはLPSを含む代表的なものですが、精米・精製したコメや小麦ではLPSが少なくなってしまいます。効果的にLPSを摂取するなら、玄米がおすすめ。また、発酵ライ麦パンやブランのシリアルなども朝食に取り入れやすいですね。

  • 穀類

    野菜

    レンコンやジャガイモ、ゴボウなどの根菜類は特におすすめです。また、明日葉にも多くのLPSが含まれています。レンコンやニンジンは、有機栽培のものを皮ごと食べるとをおすすめします。キャベツやレタスなどの葉物野菜も積極的に取り入れましょう。

  • 穀類

    キノコ類

    多くの種類があるキノコですが、LPS含有量で群を抜いているのがひらたけ。もともと、菌類であるきのこは免疫力アップには欠かせない食材です。

  • 穀類

    海藻類

    海藻にはLPSが多く含まれています。農薬を使わない海という畑で育った海藻は積極的に取り入れましょう。わかめ、昆布、めかぶ、もずくなど、毎日の食卓で活躍しそうですね。

  • 穀類

    乳製品

    カスピ海ヨーグルトはLPSを多く含んでいます。カスピ海ヨーグルトは自宅でも作れるのでおすすめです。LPSは乳酸菌と一緒に摂取することで相乗効果が得られます。

  • LPS

★料理をするときのポイント★

  • LPSは野菜の皮に多く含まれています。できれば有機野菜、自然農法の野菜を皮ごと食べましょう。
  • LPSは熱に弱いので高温調理や揚げ物には不向きです。LPSが壊れる温度は180℃といわれており、高温の電子レンジや焦げ目がつくような調理には注意しましょう。
    また、長時間の煮込み料理には不向きです。
  • レンコンやジャガイモは切って水に浸すこともありますが、長時間浸けているとLPSが水に溶けしてしまいます。干しシイタケを戻した水などは、そのまま料理に使えるといいですね。

季節のレシピ

普段の生活の中で、手軽にLPSを摂取できるレシピをご紹介します。

  • 春のレシピ
    春のレシピ
    (coming soon...)
  • 夏のレシピ
    夏のレシピ
    (coming soon...)
  • ひげ博士のおはなし
  • 効果実証試験募集
  • お問い合わせ
ページの先頭へ