NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

豆知識

HOME > 豆知識/自然免疫のはなし > 赤ちゃんの免疫

自然免疫のはなし

あかちゃんの免疫

あかちゃんは生後6か月までは、お母さんからもらった免疫があるから、病気にならないというお話、聞いたことありませんか?

 

お母さんの母乳には免疫物質(抗体:IgA。特に、出産後5日ぐらいまでの母乳(初乳)に多い)が含まれていて、それが菌やウイルスからあかちゃんを守ってくれているので、病気になりにくいと言われています。

私も、妊娠中にそういうお話を聞いたことがあり、あかちゃんが生まれた後、母乳を飲ませているから大丈夫よね~と思っていたら、生後4か月の頃に突然の発熱(高熱)!!。かかりつけの小児科で診ていただいたら、「ウイルスによる風邪かな?」という診断を受けました。ですので、母乳を飲んでいるあかちゃんは、全く病気にならないということではないので、気をつけてあげてくださいね。

あかちゃんは生まれる前、胎盤を通じて、大人の半分程度の免疫力をお母さんからもらいますが、生まれた直後から急激に低下します(IgG抗体は血中に最も多い抗体です。唯一胎盤を通過できるタイプであり、母親から移行したIgGは生後1週間まで新生児を守っています。血中や組織中に広く分布し、生体防御を担います。)。

そして、生後3か月を過ぎた頃から少しずつ免疫力がつき、だいたい1歳頃に生まれた時と同じレベルに戻るそうです(日本医師会ホームページより)。

 

あかちゃんが病気にならないように、と清潔にしすぎるのは要注意です。細菌やウイルスに感染することが少なくなり、細菌やウイルスに反応する細胞(Th1細胞)の免疫機能が働かず、ダニやカビ、花粉など、ウイルスや細菌より大きい物質に反応する細胞(Th2細胞) が過剰に働くことによって正常に免疫が働かず、アレルギー症状を引き起こす原因となることがあります。

「抗菌」や「抗ウイルス」のシートやスプレー製品は使っても問題ありませんが、使いすぎないよう、気を付けたいですね。

あかちゃんとおかあさん

▲豆知識 目次▲
  • ひげ博士のおはなし
  • 効果実証試験募集
  • お問い合わせ
ページの先頭へ